未分類

フランス料理が難解すぎる!難しいポイントまとめ

みなさんどうも。フレンチで頭を悩ましているTimothy(@Poly_Somme)です。

 

職業柄、最近『フレンチ料理』なるものを勉強中です。

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/07/IMG_5938.jpg” name=”Timothy” type=”r”]フレンチ…!かっこいい![/voice]

 

ただ、やっぱり難しいイメージはありますよね。

そもそも僕らみたいな若い世代はフランス料理のコースを食べに行く機会がない…!

ということで一体フランス料理は何が難しいのか、ちょっとリストアップしてみました。

食べ物の名前が難解すぎる

フランス語が分かんない!

フランス料理の説明にはフランス語が使われることが本当に多い…

[voice icon=”https://amzn.to/2mqRhst” name=”Timothy” type=”r”]日本語でもいいじゃん!かっこつけんな![/voice]

ってツッコミ入れたくなるけどちゃんと理由があるんです。

  • 日本にはない食材
  • 日本語で表現しにくい料理法

フランス語で表現されるものはこういうものが多いみたい。つまり覚えなきゃいけないの…?

長いメニュー名で名前が難しい!

フレンチのメニューを見ると「これでもか!」ってくらい長いです。

メニューの長さを競ってるのではと疑うくらい長いです。

滑舌の悪い僕はきっと一回で読めないです。

 

例として、恵比寿にある一流レストラン Joel Robuchon のメニューを拝借しました。

な、なんだこの暗号…なぜか高校時代の英語の長文読解を思い出したよ。こういうのもフレンチの醍醐味ではあるけれど、やっぱり近づきにくい…

「〜風」?「〜を添えて」?どういう意味?

長い名前の要因となっているのが「付け合わせの説明」。フランス語でGarniture(ガルニチュール)っていうらしいんですがこれもまた難解。

またまた上のメニューから一部拝借しますけど

[小蕪(こかぶ)とフォアのクーリを添えて]

[ロッシーニ風]

なんの暗号でしょうか。解読班はどこだ。

色々とある細かいマナーが難しい

メニューの構成が分かんない!

フランス料理といえばコース料理。色んな種類の食べ物が順番に襲ってきます。料理の中身以前に料理が一体何皿くるのか…途中でお腹いっぱいになったらどうしよう。

フォークやナイフが多すぎてわかんない!

いざフランス料理を食べに来て席に座ったらズラッと並んでいる銀食器たち。サイズも違えば形も違うような…ということは使うタイミングも違うのか。知ってたら単純明快なんだろうけど知らないと困惑…

ワインの選び方が分かんない!

「せっかくフレンチ食べにきたんだからワインも合わせて飲みたい!でもワインも全然わかんないしワインリスト見ても何選べばいいかさっぱり…でもせっかく高いお金払うんだから適当には選びたくない…!一体どうすれば…」

「やったらいけないこと」「すべきこと」が色々と細かい!


他にもまだまだ色々ありますフレンチの細かいルール

  • ナフキンの使い方は?
  • ドレスコードって何を注意すればいいの?
  • パンは食べ放題?
  • マナーにもフランス式とイギリス式がある?
  • ウェイターさんに色々聞いてもいいの?

もうパニック。こんなこと全部気にしなくてはいけないのか。

「わかりにくい」「食べづらい」「疲れる」フランス料理

なんか完全にネガティブな内容

どのくらい難しいかっていうとフランス人も分かんないほど。

すっごい下調べして「マナーをしっかり守らなきゃ」って緊張しながらコース料理食べに行っても、周りのフランス人は自然体で楽しくしてるご様子。よく見たら「あれっ」ていう行動も御構い無し。なんかマナーばっかりに気を取られすぎてた自分が変に窮屈に感じてしまった。マナーを守ることもだけど一番は食事を楽しむことが重要なんだなって思わされました。