留学

留学は本当に必要?学生に告ぐ『なんとなく留学』を回避するポイント

  • 理由がはっきりしてない『なんとなく留学』はもったいない!
  • 自分が何をしたいか、をリストアップして明確化するのが重要
  • ためらう理由が大きいなら諦めてしまうのも英断。

みなさんどうも。POLYGLOT SOMMELIERを目指すTimothy(@Poly_Somme)です。

今回も知り合いの学生から受けた相談に回答していきます。

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2017/12/Person-Symbol-1.png” name=”大学生(男)” type=”l fb”]英語圏に留学をしたいと考えてるんですけど、いまいち決心が固まりません。仕事を始めたら簡単に留学いけなくなるだろうし…行くなら今がチャンスなんでしょうけど…[/voice]

留学に憧れや希望はあるものの、いざ行くとなると腰が重い…意外とこういう人は多いのかな?

個人的に留学をするのはものすごく賛成する。自分自身が6年くらい海外をフラフラしてて、貴重な経験をたくさんさせてもらったからね。

ただ、そのフラフラしてた期間の中で感じたのが、「海外に居るからといって、明確な目的がない学生は留学しても変わらないまま」

という日本人留学生が少なからず存在していたということ。いわゆる『なんとなく留学』

留学にいく!って決意して実際に行動しているだけでも十分素晴らしいことだと思うけど

自分の意思が少し弱いように感じる『なんとなく留学』もったいない気がします。

『なんとなく留学』 にならないように

「留学をしたい理由」を明確に

箇条書きでいい。独り言でもいい。飲み会でもツイッターでもなんでもいい。

[aside type=”warning”]自分が留学したいのはなぜか[/aside]

ということだけに集中してとにかくアウトプットする機会を作る。改めて言葉にすることで、実は曖昧だった自分の本当の気持ちがはっきりと見えてくるかも。

「留学をためらっている理由」も明確に

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2017/12/Person-Symbol-1.png” name=”” type=”l line”] 留学行ってみたい!けど…[/voice]

と思ってる人は逆にどうしてためらっているのかをはっきりさせるといいかもしれない。

  • 金銭的な理由で難しい
  • 日本での生活だけで満足
  • 仕事や学業、やることに追われててそれどころじゃない
  • やっぱり海外はちょっと不安

どうしても解決できない、不安で仕方がない理由が多いようなら留学を諦めてしまうのも一つの方法だと思う。人生にはタイミングってあるし、ネガティブな気持ちが先行しちゃうと行動も消極的になりがちだし。

逆にちょっと大変だけど解決できなくもない程度の悩みならむしろ留学すべき。意外と行動してみればちっぽけな悩みだったなーと思うことが多いからね。

有意義な留学のために自分でしっかりとしたプラン立てを

しっかりとした理由が必要、とはいえ

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2017/12/Person-Symbol-1.png” name=”” type=”l fb”]韓流アイドルの追っかけで来ちゃいました!やーんカッコイイ♡[/voice]

なんて個人的には大丈夫か?って思っちゃうような動機でもアイドルとお喋りしたい一心でめちゃくちゃ韓国語うまくなった人もいるわけで。

最終的には自分のモチベーションを維持できるのならなんでもいいのかなって思います。

海外に留学したい!と考えてる子たちは一度はっきりモチベーションの意思表示をする練習をオススメ。留学生のみんな頑張れ。