未分類

「金が必要なら俺たちが力になる!」ー”動く本屋”が展開するプロジェクトがエモい話

ー「お金がないから新しい事をする意欲が芽生えない。そんな世界はいやだ。」ー

みなさんどうも。POLYGOLOT SOMMELIERを目指すTimothy(@Poly_Somme)です。

[aside type=”warning”]

色々すっ飛ばして、早速申請してみたい人はコチラ

現在、募集者の受付期間ではありません。また再開したら追記します!

[/aside]

海外生活も早5年近くを迎えて、おかげさまで色々な経験をさせてもらったけど

「何が一番大変だった?」って聞かれると やっぱりお金の管理

海外に限らず

  • 何か新しいことしよう!
  • これ面白そう!やってみたい!

と思っていざ行動に移そうとすると、どうしてもお金がかかってしまう…正直お金ないと、行動意欲ってかなり減るよね。

「モチベーションはあるのに、金銭面で不安が…」

そんな人たちを全力でサポートすべく、新たなプロジェクトが発足!

その名も奨学堂。名前が実にわかりやすい。

この企画、かなりエモいです。

[aside]このブログ書いてる時に「エモい」という単語の存在を知りました。こうやっておじさんになっていくんやでぇ… [/aside]

何がエモいかというと

「完全給付型の奨学金を提供」

「資金はクラウドファンディングで調達」

奨学金って聞くと基本的には返済が必要ないわば”借金”みたいなイメージがあるかもしれないけどこの奨学堂で借りたら返さなくてもいいんだって!

え、待って。僕が利用したいんだけど。お金ください。

『動く本屋』 劃桜堂(かくおうどう)がエモい

この奨学堂のプロジェクトは劃桜堂という

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/73bfed8e-22eb-4694-8e57-7a632223bf48.png” name=”劃桜堂” type=”l”]普段本屋さんに行かない人達にも興味を持ってもらえるようになってほしい![/voice]

という思いから誕生した移動式の本屋さんのメンバーが企画。

今まで色々なイベントを開催して成功させてきたちょっと不思議な本屋さん。

今回は劃桜堂の代表であり奨学堂の創案者でもある大野さんに話を聞いてみました!

ところで、銅像とポーズがすごい気になる。

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野さん” type=”l”]

東京学芸大学教育学部経済・金融コース卒業。在学中に国立台湾大学に一年間交換留学。
滑舌の悪さに定評がある。ツイ廃本屋。
最近「大野さんって小池徹平に似てるって聞いてたのに全然似てなくて残念です」と初対面の人に言われる。
どうでもいいこだわり:刺身のつまは食べる。

[/voice]

「奨学金=借金」というイメージが変わった

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”]そもそもこの奨学堂どういうきっかけで始めようと思ったんですか?[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野さん(以下敬称略)” type=”l”]もともと友人が普通の奨学金を利用してたんですが、見聞を深めるためにそのお金で難民キャンプに行ったんですね。その時の経験が大きく人生を変えてしまうほどの経験だったと。[/voice]

 

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]その時に「奨学金=経験を買う」ために使えるんだって思って。イメージが変わった気がしますね。[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”]確かに「奨学金は人生の負債」みたいな言い方する人もいますもんね。[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]奨学金って”お金がなくてどうしても生活に必要だから借りる”という一種の借金のような扱いが多くて。 けど、友人のように奨学金を使って自分の経験を買う、思いもよらない気付きや成長を得られる事もできるんじゃないかなと。[/voice]

「人間、その気になれば三ヶ月で形にできる」

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”]ただ、その奨学金を自分たちでやってしまおう!という発想がすごい笑[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]実は「やりたいなー」って思ってこの奨学金機の構準備始めたのも去年の11月末くらいで笑

僕らが以前行った「深夜の美術展」というイベントがあるんですが、これも思いついてから三ヶ月くらいで実現させちゃったんですね[/voice]

 

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]「じゃあ今回のイベントもそのくらいで実現させてみよう!って事で笑[/voice]

”奨学金”だけじゃない。スタッフ皆で全力サポート

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”]そうだ。奨学金なんですよね。返済不要の。返済不要の!僕もお金欲しいです。ください(直球)[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”](笑)もちろん利用してくれるのは嬉しいですけど笑

まず第一に、僕らも奨学金を差し上げるだけじゃないですよ!具体的には大きく3つのサポートをやろうかと。[/voice]

①返済不要の奨学金の支給

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]奨学金利用者に5万円の支給をします。もちろん、返済は不要です。ただし、一般的な奨学金とは違い一回のみの支給となります。[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”]普通の奨学金だと毎月定額支給とかですもんねー。もらえるだけも嬉しいですけど、これって一回きりなんですね。

例えば『別なタイミングでもう一回配布しますー!』とか『今回は給付金二倍キャンペーン!』とかはないんですかね。[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]一応我々からの支援は1回きりになるかなと。あくまで最初の支援はきっかけを提供する意味での5万円と考えていて。

値段も変えないと思いますね。5万円っていざ何かすると思うと決して多い金額ではないんですが、身の回りのちょっとした事なら挑戦できる金額じゃないかなと考えた結果この値段にしました。[/voice]

②奨学金のメディアにてアウトプット

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]奨学金利用者が実際に活動する内容とか、その近況報告なんかを僕らスタッフが取材させていただきます!ただやるだけではなくて改めてアウトプットする機会を作る事によって、利用者にはどんどん発信して夢を叶えていって欲しいと思います![/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”]取材って直接インタビューとか報告とかするって感じですか?[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]基本的には直接インタビューさせていただきますけど、遠方にいらっしゃる方にはSkype通話でお話をお聞きする予定です![/voice]

③奨学堂スタッフによるサポート

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”]メディアのアウトプットとは別にサポートもしてくれると。[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]もともと僕らの『動く本屋』劃桜堂を始めた時、右も左もわからない素人二人からの挑戦でして…困った事があったら様々な分野の方に助けて頂きました。

僕たち運営も色んな経験をしてきてますが、いざというときに頼れる人達をいっぱい紹介します!

企業理念は”please help me”です[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”]プリーズヘルプミー。[/voice]

「あなたの夢を全力でサポートします!」

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”]ちょっと自分でインタビューしておいてなんですが、ものすごい興味出てきました。ぜひ僕も立候補したいんですけどどうすればいいですか?[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]ありがとうございます(笑)もうすでに募集の方は始めていまして。

公式のホームページクラウドファンディングのページに専用の申し込みフォームを用意してます!そちらから是非登録してください![/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]それと、今回は第一期奨学生という事で10名のみの定員予定です!もちろん、早い者勝ちというわけではないので![/voice]

【募集要項】

  • 18歳〜29歳の学生/社会人
  • 「これをやりたい!」という熱い思いのある人
  • 募集は2018年2月28日23時59分まで
  • 最大10名までの募集

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]やってみたい事、行ってみたい場所、目的は何でもいいです。あなたの「やりたい」という気持ちを全力でぶつけてきてください![/voice]

今この時代だからこその「クラウドファンディング」

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”]そういえば、資金はクラウドファンディングで調達するんですよね?[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]そうです!皆様からの支援を頂戴して、それを奨学金として使わせていただきたいと思っています!

支援していただいた皆様には、御礼としてポストカード劃桜堂で扱っている文庫本などのリターンをご用意しております![/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”]支援してしていただく皆様に何かヒトコトどうぞ![/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]支援者から頂いた支援額に比例して、新しいことに挑戦できる奨学生が増えていきます。 まずは第一期生10人からスタートします。彼らの活動を見て、新しいことを始めたい人がどんどん増えていけばいいなと思っています。 何卒長い目で奨学堂を見守って頂けると幸いです![/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”]いよいよ本格指導ですね!率直に今の熱い感情を述べちゃってください![/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3818-2.jpg” name=”大野” type=”l”]色々準備してる真っ只中ですが、思いの外色んな方に応援して頂いてすごく嬉しく思います! そしてなんやかんや細々した作業が多くて結構忙しくなってきてですね。

僕は1日10時間くらい寝ていたい本屋なので早く奨学堂が軌道に乗ってゆっくり寝れるようになりたいなぁと思います。[/voice]

[voice icon=”http://poly-somme.staba.jp/wp-content/uploads/2018/02/IMG_3864.jpg” name=”TIMOTHY” type=”r”](ずいぶん寝るなこの人。)[/voice]

まとめ

いやぁ大野さん、面白い方でしたねー。こういうヒトだからどんどん実行に移せていけるんだろうなーって勉強になりました!

奨学堂の奨学金制度についてもっかい復習!

[aside type=”boader”]

  • 完全給付制の奨学金を授与(5万円)
  • 受け取った人を奨学堂スタッフが全力でサポート
  • 受給者はその行動を定期的にアウトプット(ブログや取材などで)
  • 奨学金の申請はコチラ

[/aside]

単純にお金の話だけじゃなくて、人脈だったり活動の場所だったりを提供してくれる点がポイント!

しかも、「自分がこれをやりたい!」って主張する必要があるから、自分が本当にしたいことは何かっていう再確認ができるのも素敵。

大学生諸君らは就活の前に自分のしたいことを主張する練習だと思って申請してみるといいんじゃないかな。

 

僕が特別何かしたわけではないですけど色々と交流をとっているうちに愛着が湧いてしまって、今回無理言ってインタビューさせてもらいました。

改めて、この「奨学堂」現代の生き方の一つの新たな可能性を示してくれるようなプロジェクトに感じました!

ゆくゆくは「俺さー、奨学堂から奨学金借りようと思ってるんだよねーなんて言ってもらえるくらいになって色々面白い人材を排出して欲しいですね。

今後も定期的に情報を更新していこうと思います!それでは!