語学

【Timothy流】海外で言葉が通じない時の対処法

なぜか最近妙に質問をいただく事が多いTimothy(@Poly_Somme)です。

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/07/IMG_5938.jpg” name=”Timothy” type=”r”]昔から質問とか相談されること多いなぁ[/voice]

正直ものすごい嬉しいのでどんどん皆さん送ってきてください!

DMからでもPeingからでもお待ちしてます!

 

ただ、Twitter上の文字数的にどうしても簡単な回答になりがち…なのでちょっと気になった質問やもうちょっと深く説明したい内容に関してブログで補足していきたいと思います。

 

質問「英語ができないので海外に行くのが不安です」

質問ありがとうございます。

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/06/IMG_5595.jpg” name=”” type=”l”]海外に行く前に現地の語学をしっかり勉強してから行った方がいいのか[/voice]

この質問を見て率直な僕の意見としては

行きたい気持ちがあるならすぐにでも行った方がいいと伝えたいです。

語学なんて覚えなくても旅行は楽しめる

僕は言語を覚えるのが大好きだし、いろんな言葉無駄に話したがり野郎なので

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/07/IMG_5938.jpg” name=”Timothy” type=”r”]せっかく行くならそこの国の母国語も勉強してやるぜヒャッハー[/voice]

と勉強しがちなタイプです。効率がいいとかオススメするとかじゃなくて単純に僕の趣味のようなもの。

以前ドイツに弾丸で行った時の記事にも書いたのですが、

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/07/IMG_5938.jpg” name=”Timothy” type=”r”]ドイツ行くんだからドイツ語話せた方が絶対楽しい![/voice]

って思って2週間ほど勉強してからドイツに行きました。

 

ただ、これはあくまで僕が好きだからって話で言語なんか覚えなくてもめちゃくちゃ海外は楽しめます。

キングコング西野亮廣さんも自身のブログにて

世界を回りたいヤツは、英語よりも、この言葉を覚えろ

という題名のもと、このような発言をしています。

 

 

 

要約すると関西弁は世界共通語。

…さすがにそれはいいすぎやろ…とも思ったが実際本当に通じたんだろうし、実際僕も似たような経験あるから一概に否定できない…

ただ、補足として『語学より大事な事がある』と伝えるならば

[aside type=”boader”]

  • しっかりと自分の主張をしてあげる
  • 話すときは意思表示をはっきりと、笑顔で

[/aside]

「何を当たり前の事を…」と思うでしょうが、海外に出ると当たり前の事すら疎かになってしまう事が多いんですよね。慣れない環境が与える心理的変化ってすさまじいっスよ。

 

Timothy流『言葉が通じない時の対処法』

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/06/IMG_5595.jpg” name=”” type=”l”]「いやいや、そんなんじゃなくてさ。実際にどう対応すればいいのよ」[/voice]

という声が聞こえてきたので、じゃあ具体的に僕の対応法を紹介。

全く言葉がわからない地域に行った時の参考にしてください。

 

①笑顔と『Sorry』でごまかす

分からないからといって困った顔や訝しげな態度をとってはいけません。

今まで「笑顔で対応をしていて嫌な印象を与えてしまった」という国は1つもないです。

しかし、何を言ってるか理解はできないので『ソーリー』って言ってやんわり断りましょう。

 

ここで気をつけて欲しいのが、理解もしていないのに「YES!」とか「Thank you!」とかいうと時々えらい目に遭います。

何か追加のサービスを紹介してるのかもしれない。
頼み事をしているのかもしれない。
同じように旅行者が道を聞いてくるかもしれない。

変に安請け合いしてストレス抱えるくらいなら全力の申し訳なさそうな笑顔で『Sorry』と一言添えましょう。

 

②文章を丸暗記、単語を即時に検索

勉強しない、とは言っても最低限のコミュニケーションの言葉を覚えてたらやりとりがスムーズに進むのも事実。

僕がよくやっている方法は『文章構文をまるごと暗記して、単語だけはその場で調べる』という技。

「〜はどこですか?」=「Where is~?」だけはしっかり覚えておいて、場所の名前が分からない時だけ調べる!みたいな。

基本ですが結構有効な技なので、僕も初めての国に行く際はこの方法でなんとか乗り切ってます。

 

③『ありがとう』と『お願いします』は言えるようにしておく

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/06/IMG_5595.jpg” name=”” type=”l”]喋れないのに、この2つは言えるようにしておいた方がいいの?[/voice]

と思った方。断言します。

言えるようにしておいてください。

 

『感謝の気持ちを伝える』行為は、どんなに簡単な言葉でもしっかり心に響くものです。

特に英語圏ではない国に旅行した際には『Thank You』で済ますのではなく

[aside type=”boader”]

  • Merci(フランス)
  • Gracias(スペイン)
  • Grazie(イタリア)
  • Danke(ドイツ)
  • Obrigado(ポルトガル)
  • 감사합니다(韓国)
  • 谢谢(中国)
  • 多謝(香港)

[/aside]

を使えるようにしておきたいですね。

一言話すだけで

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/07/IMG_5938.jpg” name=”Timothy” type=”r”]ヤベェ!ドイツ語でコミュニケーションできた!俺天才![/voice]

を疑似体験できるのもオススメポイント!

 

不安は当然。それを含めて海外旅行の楽しみ

そりゃあ、『知らない土地』『知らない言語』『知らない文化』知らないことだらけの海外旅行には不安がつきもの。

ただ個人的にはその不安定を楽しむのが海外旅行の醍醐味だと思うんです。不安抜きの旅行楽しみたいなら日本旅行しとけばいい話だしね。

不安やドキドキは人生に程よいスパイスを与えてくれます。

全てをひっくるめて思いっきり海外旅行楽しんでください!