語学

『世界一シンプルな外国語勉強法』が本当にシンプルなので紹介したい

どうもTimothy(@Poly_Somme)です。

唐突ですが。

僕の趣味は語学学習です。

「ただ好きだから」という理由で
20代のうちに10ヶ国語覚えよう
と志したくらいには言語オタクです。

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/07/IMG_5938.jpg” name=”Timothy” type=”r”]こんなアホな考えの人滅多に居ないだろうなー[/voice]

なんて思ってたら
東大に居たみたいです。

しかも日本にいながら
わずか5年で7ヶ国語を取得
現在は10ヶ国語を操る
というもう半端ない人です。

秋山燿平

留学・海外在住経験なしのマルチリンガル
「さんまの東大方程式」2度出演
中国(主に微博)でも活動中
東京大学薬学部卒→同大学院中退
現在言語学習アプリを開発中

[btn]Twitterはこちら[/btn]

[btn]Youtubeはこちら[/btn]

その人の語学取得ノウハウがまとめられた
語学オタクのための書籍をご紹介。

『世界一シンプルな外国語勉強法』

紹介するのは『純ジャパの僕が10ヶ国語を話せた世界一シンプルな外国語学習法』という本。

実は僕、語学の書籍って
あまり買ったことがなかったんです。

結局は経験がモノを言う世界なので
いくら『勉強』ができようとも
実際に話してみないと分からない!

って言う意識があったせいかも。

 

ですが、海外生活も6年近く経ち
現在7ヶ国語目を勉強中の自分にとって

勉強法はどの言語も同じかもしれない

と感じるようになったんです。

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/07/IMG_5938.jpg” name=”Timothy” type=”r”]これを覚えてこうやって練習しよう!
的な必勝パターンありそうだな…[/voice]

そう思うようになってから
各言語の参考書ではなく
勉強法について書かれた書籍
を色々読むようになりました。

その中で一番僕の思っていたことを
完璧に言語化した内容
がこの本なんです。

 

英語に限らず、外国語勉強してる人で

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/06/IMG_5596.jpg” name=”” type=”l”]とにかく話せるようになりたい![/voice]

と思ってる方には
是非手に取って欲しい一冊となってます。

内容をチラッと紹介

「学校の勉強」と
「話すための勉強」は別物

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/06/IMG_5596.jpg” name=”” type=”l”]英語を中学、高校で6年間も勉強したのに全然話せる気がしない…[/voice]

多くの方が抱える悩みの一つでしょうが
例外なく筆者も悩んでいた様子。

原因は『受験勉強的な学び方』

受験では必要になるであろう
単語や文法の丸暗記ですが

実用的な会話力のためには
必要のない勉強なんです。

豊かな語彙力を育てるより
本当に使う単語、表現だけ
を覚えるほうが確実だし最短です。

[voice icon=”http://drinkmeister.net/wp-content/uploads/2018/07/IMG_5938.jpg” name=”Timothy” type=”r”]日常生活では日本語でどんな会話をするだろう[/voice]

と日本語の会話から逆算して
自分に必要な単語や表現を撰定して
暗記していくことをオススメします。

 

「マルチリンガルも大したことないね」

自分自身がマルチリンガルになって
一番感じた感情は

そこまで凄くもない
ということです。

かけた時間や努力の自負はあれど
気がついたら多言語取得者になってた
という感じですね。

『凄くない』と思った最大の理由が

難しいイメージを持ってしまうけど
やってみたら意外と簡単な学問だった

ということに気付けたから。

 

この本は
基本だけど重要な気付き
を与えてくれる貴重な内容です。

外国語学習に煮詰まった人は
リラックスの意味も込めて
この本を眺めてみてください。